なっとプロダクション

KISEKI工房の「なっと」が、たまに描くかもしれない、どうということはない内容の記事

会社に勤めつつ、時間がないにもかかわらず、背景も全て一人でコツコツと描いている人へ

たぶん、多くの人がそうした環境にあると思いますが。

ぼくもその一人です。背景描くの大変ですよねー。

手描きのときは、写真をトレースしたり、パースも適当(適度)に描いてました。

コミスタに移ってからは、パースを使うのが便利になったおかげで、かえって

パースを使う構図が多くなり、時間を取られるようになってしまいました。

f:id:natutoran:20190113105134j:plain

 しかし、3Dデータコレクション・コンプリート版(現在は販売されていないです)を使うようにって、しんどいパースを使う頻度が減り、背景の多くを3Dでごまかす(?)ようになりました。

3Dは、背景も全て一人で描いている人にとっては、めっちゃ便利です。とにかく、描く時間を短縮できます。クリスタに移ってからも、背景のほとんどに3D(によるLT変換)を使ってます。クリスタに移った当初、3Dを使おうとすると画像が停止してしまい、なんでこんなに読み込みに時間がかかるのか原因がわからなかったのですが、グラフィックカードのドライバーを更新したら解決しました。ここで、3Dを使うことを挫折してしまう人もいるんじゃないかなーと思いました。あきらめずに、ドライバーを更新してみてください。うごくかもしれません。

ありがたいことに、素材は商業誌でも使える、とうことで、マッチした3Dの背景があれば、手を加えることなく、そのまま使わせてもらっています。マール社の「超時短、3D背景素材集」(今のところ、部屋・住宅編が出ています)も利用させてもらっています。ページの最初の方に、3DをLT変換するための手順の記述があり、背景に3Dを使いたい初心者の人にとっては、本当に役に立つ一冊です。

人物と3Dの背景がうまくマッチできない、という人は、パース(アングルの中にあります)を調整してみてください。使う背景のパースの多くは望遠の設定なので、いじる必要はあまりないのですが、奥行きのある構図を想定した場合にパースをかけると、それなりにマッチさせることができます。多少歪んでいても、それらしく見えればいいわけです。

で、そのうち、自分でも3Dを作ってみたくなり(時間が無いのに)、挑戦してみたのですが・・・。やはり、ハードルは高いですねー。MODELERの使い方にある、例の「おでんを作ってみよう」にはじまって・・・メタセコイア(3Dのソフトです)を勉強しはじめ・・・。背景(とくに部屋の中とか)だけなら、メタセコでなくても、簡単に作れる Sketch UP とか Crastina 3D Shimulator とか便利な建築パースの3Dシミュレータが無料でいくつかあるんですよね。当然ですが、3Dを作るのに集中すると、マンガを描く時間が減ります。ただでさえ、他に仕事(会社に行くこと)を抱えているのに・・・と思ってしまうのですが、止められないんですねー。

長々と書いてしまいましたが、会社に勤めながら、自宅でコツコツと一人でマンガを描いている人、背景には3Dを使うと時間短縮にもなり、便利ですよー。